忍者ブログ
ハリネズミの『こたろ』(2015・5/7生まれ)の日々の記録

* admin *  * write *  * res *
[368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358
<<06 * 07/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  08>>
寝袋を逆さに振ってハリネズミを外に出すのはどこの医者でも一緒なのか!!
時間がないからですか!!
スナック菓子じゃないんで!!そこんとこよろしく!!

というのをいつも動物のお医者さんで感じるんです。
ハムスターとか、そういう子も同じ扱いなの??
早く取り掛かって早く終わらせて早く次やらなきゃ!ってのがありありと出ていますね…
もやもやするんだなぁ…っ

寝袋のまま連れていくのが間違っているの?
みんなどうやって連れて行ってるんだろう…

こたさん今朝も針抜け2本。
洞窟の中に二本、お医者さんで一本。抜け始めていますねぇ;
シミんちょちびっと、緑はなかったような?
朝になるとみんな真っ黒になるので、緑かどうかが…うーん;

ゆうべのゴハン
晩ゴハン:スパイキー青、ジクラのゼリー
おやつ:プリティペッツ、サンコーさん
ディナー:ハリセレ、8イン1、おいらたち虫食べるんです
お弁当:おやつの残り

おいらたち~を完全に残す;
ミルワームパウダーもそんなに好きじゃないし、ドライまごっちも食いつき悪いし;
『虫を加工したドライ食品』が本当に好きじゃなくて困ってしまう;
本物の虫かぁ…頑張らねばならない時がきたのだろうか…
虫の方がいいのは判ってるんだけど…ううう…でも無理…ごめん無理…うううううう…

昨夜も警戒心でなかなか出てきてくれず…
フェイント入れないで二回スプーンで食べていただき、こっちにいっぱいあるよ、
ゴハンこっちよって食器を鳴らしてその後息を潜めていたらようやく出てきてくれた;
お医者さん行くのにうんちょを回収したかったので、
こたの好きな晩ゴハンセットにしたのよ。
なんとか出てきてくれてほっとする;
ゴハンは完食。そしてお代わりないの?とばかりにこちらをくんくん。
あ~~用意しておけばよかったと思いつつもまずはうんちょの回収です。
こた御トイレ御トイレ、とてのひらで御厠誘導。
なかなかいってくれなかったけど、ようやく回し車の左下へ。
奥へ向かったままうんちょ;ああん;御トイレトレイを入れたばっかりに、
お尻を奥へ向ける習慣が消えてしまったかも~~~;
元に戻ることを祈る。
むりっと5cmクラス。いいうんちょです^^
緑もないしつるっと練り練り。シミてもいない。合格!
でも踏みそうになったのでティッシュ投入;
洞窟ご帰還後はおやつも食べずにディナーも食べずに;;お静かにお過ごし。
召使いいまだに疲れが取れないので、早めに就寝。
夜間疾走は、

【回し車疾走計測】
走行時間:3h13.07
走行距離:11.39km
平均速度:3.5km/h
最高速度:6.5km/h
トータル:2848.8km

3時間越えで小休止ってことでもないだろうけど;
4時間とか走ってるからなんか小休止かな?って思ってしまう^^;
元気です!

そんで今日はお医者さんへ。
肝臓の薬がなくなったら来て下さいとのことだったので。
針が抜け始めたことを相談。院長先生じゃないと判るような判らないような説明;
院長先生は早口なので私の脳みそがついていかないんだけど^^;
飲んでいた薬の内容を訊くも、1種類は肝臓の機能を補助するもの、
もう1種類は助手の先生じゃ『何のためのものなのかは判りません』だそうな。
高いんですけど…不明なお薬飲んでるの??よく判らないなぁ…
まあそれはいいや。次回院長先生に訊こう。

で皮膚検査をしてもらう。
ダニはいなかったけど『現時点では見つからないということなので』と念を押される。
一応レボリューション。1ヶ月効果が続くとのこと。また来月、状況を説明しに行きます。
そしてそれまで肝臓の薬を飲み続ける。

移動の間に出ちゃったうんちょを検査に回していただく。
念のために持っていった夕べのうんちょは廃棄。
車の移動もストレスだよねぇ;眠たいしね…ごめんね…
もっと近くにあんまり流行ってないけどしっかり話をきてくれてエキゾチックも判ってる、
そんなお医者さんはいないものか…(二重の意味でいないね…)

再診料1000円、35日分のお薬二種14,000円、検便1000円、皮膚検査2000円、
レボリューション1400円、締めて19,400円。ご参考まで。

皮膚検査は、背中の針を掻き分けてばらばらと撫でて落ちた針とフケを集めて、
顕微鏡で見るというもの。
前に行ってたお医者さんでは、
イガグリこたろを押さえつけて背中をピンセットでこすこすして(二箇所くらい)、
取れた皮膚を顕微鏡で見る、という検査でしたがまあ…
確率的には今のお医者さんの方法の方がいいかしらね^^;
どっちもどっち??
なんでもないということでしたが念の為レボしてもらって、
少しは安心して年が越せるというもの;
処方二時間はショック症状が出ないかどうかマメに見てくれとのことでしたが、
こたろは大丈夫だったみたいです^^
前のお医者さんではそんなこといわれなかったなぁ、そういえば。

召使い心配性で、心配になったら迷わず医者に行こう!と決めてはいるんだけど、
行ってもあんまり釈然としないんだよね^^;
こうです!ってのは、人間の医者でもいわれないし、そんなもんなんだろうなぁとは、
最近理解してきたよ!私がしっかり診て判断しなきゃって感じです、ほんと。
哺乳類をお世話するのは生まれて初めてで、色々心配だったので、
先生とは色々お話したかったけど、
お話しする時間的余裕のある動物のお医者さんというのはいないんだな、
ってのもよく判った。
午前中の診察が終わる間際もひっきりなしにワンちゃん猫ちゃんが…
これは無理だわ;

こたがうちに来てから1年半、お医者さん二人巡っていろいろと理解したことも、
理解できないことも、不条理に感じること、己が心配性であること、
こういうときはこういうことという経験値、色々無駄ではないと思ってる。
来年からはもう少し余裕を持って対処できるとは思うよ。。。

帰ってきて、ずっとぶしゅぶしゅいいっぱなしのこたろさんを、
ケージ内の芝生の上へ、洞窟に入ったまま置く。
目の前には新しい洗った洞窟をセッティング。
しばらく警戒してたけども、
ご褒美に用意していたハーリーの主食のアギトゼリー乗せの匂いに誘われお出ましに^^
夢中で食べている間にそろそろと洞窟を引っ張って、汚れた洞窟はお洗濯へ。
ハーリーを食べているこたろさんの集中力は半端ないね!
好きを通り越してる気がする;
アギトゼリーまで綺麗に舐め舐めし、新しい洞窟の方へ潜り込んでくれた。
これで一安心です~~中のハンドタオルを器用に被って、
洞窟の入り口に蓋をしてしまったけども;
こころにも蓋をしてしまったのね…うう…召使いツラー…

レボしちゃったからお風呂もできないなぁ…
フケにはなにが効くんだろう?フケというか、乾燥肌。
ぬるめ蒸しタオルやってみようかなぁ…
これも嫌がるんだけどね;;



そういえば針は、強いストレスでも抜けるんだって。
やっぱお泊りがストレスだったのかな;;うう…








にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
プロフィール
HN:
ryo
性別:
非公開
職業:
こたさんの召使い
趣味:
アクセ製作
忍者カウンター
ブログ内検索
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/27 はるたろう]
[04/25 はるたろう]
[02/14 すー]
[07/28 くりすけ]
[04/12 はるたろう]
P R
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: ふしゅろぐ All Rights Reserved